昔みていたあの人形劇(´▽`)

2011年08月30日
先日、京都パラルシルセさんで開催中の 人形展をみにいってきました!

********************************************

pararusiruse_flyer.jpg

おっきい小林洋介のちっさい人形展
2011年8月24日(水)~9月5日(月)※最終日は18:00終了

創立62年を誇る、京都府宇治市のプロの人形劇団「人形劇団京芸」。
そこの美術部に所属する小林洋介(身長187cm)が人形展を開催します。
京芸に入る前に3年間仏師だったという経験を生かした木彫りの人形など、オリジナリティ溢れた劇人形たち。
小さいお部屋に忍者やけむしや少年など、ユーモラスな人形が並びます。
同じく人形劇団京芸美術部、長谷川友香作のかわいいパクパク人形などの販売もありますので、ぜひいらしてください♪



てぶくろ人形のワークショップ開催
手の動きで表情を出せる、世界にひとつの「てぶくろ人形」を作ってみませんか?
所要時間は15分くらいから、凝る方は1時間以上。
ふらりときて作っていってくださいね☆
日時:9月4日(日)随時受付
材料制作費:525円


****************パラルシルセHPより***************************

興味津々で見に行ったんですが、
キャラクターが本当に魅力的でした。

この人形展では 忍者の物語に登場する人形たちを中心に展示されてたのですが
個性ゆたかな人形たちがうわーぃ*と出迎えてくれます。

劇団員さんが人形の動かし方を教えてくださったり、いろんな舞台の裏話なども
聞けて楽しかったです。
それぞれの人形は演じる方がモデルになっているそうで

なるほど たしかに似ていました~^w^ 


動かしてみると表情がいきいきしてきて、そこがまた魅力なんですね~
劇団員さんが演じることで、さらに命が吹き込まれるわけです。

今度、人形劇観にいきたい。


あ~´c`*


もっと魅力が伝わる記事を 
ブロとものshapotさんが綴っておられるのでぜひご覧ください!(他力本願すみません。。写真も全然撮ってなくって;)

*shapotさんの記事*

たむけん似のたぬきがかわいい。
主人公シュー丸の口が ◇ 「しゅーっ」て口になってますww
そして姫の恋愛模様もきになる。

鬼王丸はイケメンでしたよ☆





その日帰って母に 人形劇団京芸さんのことを話していると、

「あんた小さい時ようみにいってたやん。一生懸命みてたで~」

と言われました。


どうやら私は小さい頃、この京芸さんの人形劇を何度も観にいってたようです。
だからすごく懐かしい感じがしたんですね。。




『おっきい小林洋介のちっさい人形展』 9月5日(月)まで
お近くの方はぜひ一度 パラルシルセさんをのぞいてみてください♪

人形劇団京芸ホームページ
スポンサーサイト
 | HOME | Next »