ガラスと線画の物語*第22話『みつけた』

2013年05月21日
story_22.jpg

*******

川辺にひろがる花畑で
大きなくまさんが さっきからずっとなにかを探しています。

「ない 、ないなぁ。これも ちがう」

くまさんが探しているもの。
それは 四つ葉のクローバーでも、てんとう虫でもなく
おいしいハチミツでもありません。

ある日
花のようなおんなのこに出会い
恋してしまったくまさん。
あのこのよろこぶ顔がみたくって、ずっと
贈りものを探しているのでした。

草花をかきわけかきわけ、
顔がひっつき虫だらけになりながら
くまさんはやっと あのこのように可憐な一輪の花をみつけました。

「みつけた、みつけた!
あのこにぴったりの花♪」

くまさんはこおどりしながら
早くあのこに会いたくて
野花のなかをかけていくのでした。


《*つづく*》

*******


今回のおはなしは第23話へとつづきます。



次回のキーワードは『赤いドレス』。
ガラス作品は、おんなのこのバッグチャームです。






みなさんはこのテーマでどんなお話を想像されるでしょうか。
次回は2013年5月28日(火)18時にお届けします。
お楽しみに☆


☆この企画は毎週火曜日18時 2つのブログで同時更新しています☆
京都寺町雑貨屋パラルシルセの手作りブログ
ものづくりの箱庭
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示