スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスと線画の物語*第41話『お昼時』

2013年10月01日
story_41.jpg

**********************

踏み切りのむこうから 電車が到着する音

朝の通勤ラッシュが落ち着いた駅前には
おなかをすかせた人々が行き交います。

時計の針は12時
いまはお昼時。

頭の真上にのぼった太陽をみあげると
「今日は雲ひとつないなぁ」

朝はやくから働くおじさんたちにもお昼時がやってきました。

よっこらせ と腰をかけ 
道ゆく人をぼんやりながめながら 
ごはんに 昼寝に おしゃべりに 
みなそれぞれのお昼時をすごします。 

遠巻きにみていたハトやすずめたちが 
昼ごはんのおこぼれをもらいに ちょっとずつ近づいてきたころ

働くおじさんたちは よっこらしょい と立ちあがります。

「さて、もうひと仕事がんばるか」

夕暮れ時の一杯をたのしみに  

************************






パラルシルセより届けられた
次回のキーワードは『たくさん歩いた♪』
ガラス作品は、こぶたのカブトピンです。







みなさんはこのテーマでどんなお話を想像されるでしょうか。
次回は2013年10月8日(火)18時にお届けします。
お楽しみに☆



☆この企画は毎週火曜日18時 2つのブログで同時更新しています☆
京都寺町雑貨屋パラルシルセの手作りブログ
ものづくりの箱庭
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。